手や指が痛い!【手のひらの親指側】の痛みの自宅での治し方



手や指が痛い!【手のひらの親指側】の自宅での治し方

手が痛む・こる箇所(手の平の親指側)

この記事は 手のひらの親指側が痛い・つる 方へむけ、自宅で自分で今すぐ改善していける方法を説明しています。

■もくじ

1. 痛みがでる場所の『まわりのメカニズム』の説明

2. 一人でできる一番効果的な『治し方』の説明

3. まとめとワンポイント

・この記事を書いている僕は治療家歴14年。整体・整骨院経営。専門学校その他で手技講師として活動しています。



1. 痛みがでる場所の『まわりのメカニズム』の説明

手はたくさんの細かい骨で出来ています。

手の骨


親指のまわりには筋肉がいくつかあります。

短母指屈筋・母指対立筋・短母指外転筋・母指内転筋斜頭

レントゲンなどの検査をしても『骨折』などの異常がないのにのひらの親指側が痛い場合は、次に説明する〈原因〉からきていることが多いです。




2. 一人でできる一番効果的な『治し方』の説明

〈原因①〉筋肉が炎症をおこしている。

何かのひょうしに手の筋肉が炎症をおこしてしまうことがあります。

この場合は冷やして炎症を治さないといけません。

炎
『炎症反応』というのは、体の中で火事がおきている状態です。

【治し方①】

まず自宅で横になって寝てみて下さい。

まったく動かない安静状態でも『ズキズキ』とか『ドクンドクン』などと、うずいていたら炎症があります。

ビニール袋に氷と水を入れて(氷枕などでも良いです)、それをタオルで包み、手を20分間ほど冷やします。 

アイシングの詳しい説明はこちら

アイシング






〈原因②〉 指の付け根の筋肉が固くちぢまっている。

日常生活での親指の疲れ

生活をしていると親指をかなり使う時があります。

すると親指の下の筋肉が疲れてかたくなり、柔軟性がなくなってしまうことがあります。

これが日常的にくりかえされると、手のひらの筋肉がつりやすくなったり痛くなったりしてしまいます。



【治し方②】 (炎症がある場合はやめておきます)

親指の筋肉群の治し方①

① まず手を楽に開きます。

② 反対側の手で親指の下の筋肉をしっかりと押します。(押してすぐ離すようなやり方ではなく、一回押したら力をゆるめず押し続けます)

 押す時間は1~2分です。

※なぜこれで良くなるかの説明はこちら






【治し方③】(炎症があっても行って大丈夫です) 

親指の筋肉群の治し方②

① 左手をどこかの上に置きます。

② 右手で左手をはさむように持ち、親指の付け根をしっかりと寄せます。

 この状態で左手の力を完全に抜いて90秒間待ちます。

③④ 90秒たったら左手の力を完全に抜いたまま、右手の力だけでゆっくりと指を戻していきます。

⑤ 深呼吸して終了です。ここまできたら左手の力を入れてもOKです。

※なぜこれで良くなるかの詳しい説明はこちら








3. まとめワンポイント

親指は日常作業でかなり使う部分です。

スマホなどの操作でもかなり疲労しているので、ほぐしてあげると楽に手が動かせます。







2021年2月8日手首・手先の痛み【治療法】